Home > 診療のご案内 > 診療科・部門 > 皮膚・アレルギー科

診療のご案内

診療科・部門

※ 総合診療科を除きすべて予約制となります。


  • 総合診療科/内科・外科
  • 脳神経内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科・外科
  • 腎移植科
  • 泌尿器科
  • 肝臓内科
  • 肝臓外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 皮膚・アレルギー科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 小児外科

専門外来

  • 免疫細胞治療
  • 睡眠障害・いびき
  • セカンドオピニオン外来

※ 皮膚・アレルギー科につきましては、新規患者の受付を行っておりません。

皮膚科・アレルギー科の疾患について

アトピー性皮膚炎

皮膚の状態を把握するため、皮表脂質量(皮膚の表面の脂質)、角層水分量(皮膚の表面の水分)を測定します。血液検査、皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)、心理検査を行い、悪化印し、原因アレルゲンを検索します注射、内服剤、外用剤による治療、スキンケア指導、日常生活指導を行います。

蕁麻疹

アレルギー性の場合、血液検査、皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、原因アレルゲンを検索します。

薬疹

皮診の治療のほか、血液検査、皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、原因アレルゲンを検索します。

接触皮膚炎

血液検査、皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、原因アレルゲンを検索します。原因除去のための生活指導、スキンケア指導を行います。

ラテックスアレルギー

血液検査、皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、ラテックス除去の生活指導をします。

塩化ビニル、樹脂製品中の可塑剤アレルギー

皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、原因物質を検索します。

肝斑(頬の淡いしみ)、老人性色素斑(まるい濃いしみ)

色差計を用いて、しみの濃さを測定し、日光防御指導、化粧指導、スキンケア指導を行います。

尋常性ざ瘡(ニキビ)

皮膚の状態を把握するため、皮表脂質量(皮膚の表面の脂質)、角質水分量(皮膚の表面の水分)を測定します。内服剤、外用剤で治療を行います。スキンケア指導、化粧指導、日常生活指導を行います。

皮膚腫瘍

皮膚試験(プリックテスト、パッチテスト)を行い、原因物質を検索します。

小児乾燥型湿疹、乳児湿疹

皮膚の状態を把握するため、皮表脂質量(皮膚の表面の脂質)、角質水分量(皮膚の表面の水分)を測定します。内服剤、外用剤で治療を行います。スキンケア指導、化粧指導、日常生活指導を行います。