Home > 健診のご案内 > カプセル大腸内視鏡

健診のご案内

カプセル大腸内視鏡検査とは

内視鏡カメラ

超小型カメラを内蔵した長さ31.5mm×11.6mmのカプセルを口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、画像を記録装置に転送します。
医師はこの画像をもとに大腸の診断を行います。

検査を受けるには

まずは、外来診察をお受けください。予約制になっておりますので、診察の予約をお取りください。

検査の流れ

検査前日 朝食、昼食、夕食は病院の指示に従って消化の良い食事をおとりください。

夕食後に下剤を服用してください。
当日 上下の分かれたゆったりとした服装で来院してください。
検査前に腸管洗浄剤を服用していただき、腸の中をきれいにします。
検査機器(センサや記録装置)を取り付けます。
検査の始まり 医師の指示に従って、適量の水でカプセル内視鏡を飲み込みます。
検査中 医師の指示に従い、薬剤などを服用し、検査を続けます。
検査終了 排便時にカプセルが排出したのを確認できたら、検査が終了になります。

費用について

保険適応がありますが、詳細は担当医師にご確認ください。

大腸カプセル内視鏡の特徴

メリット

  • 侵襲性が低い
  • 鎮静剤不要
  • 怖い、恥ずかしいなどの精神的な負担がない

できないこと

  • 治療ができない
  • 精査(生検など)ができない

検査の適応

  • 大腸内視鏡検査を施行したが、口腔内の癒着等により回盲部まで到達できなかった患者さん
  • 腹部手術歴があり、癒着があり器質的異常により大腸内視鏡が困難と考えられる患者さん
  • 降圧剤を3剤使用しても血圧コントロールができない場合
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 放射線医学的に大腸過長症と診断され、かつ便秘症で大腸内視鏡検査が実施困難であると判断される場合

実績件数

検査項目 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
大腸カプセル内視鏡 41件 72件 74件 66件 63件 3件

※2014年より検査開始

当院の特色

当院のカプセル内視鏡は2014年より開始いたしました。年間平均65件ほど施行しています。
カプセル時間内排出率上昇の為に、ヒマシ油を用いた方法は名古屋大学消化器内科、藤田医科大学、京都九条病院の先生方と共同研究をして、排出率97%までにし、カプセル内視鏡学会のポリープ排出のときの推奨プロトコールとなっています。また、透析患者さんへも排出能力に変化なく施行できています。今後、大腸肛門科と共同でIBD(慢性炎症性腸疾患)患者さんにも施行していく予定です。

文献

・Naoki Hotta : The Use of Castor Oil for Bowel Preparation for Colon Capsule Endoscopy
[Open Journal of Medical Imaging : 2016.6 ; 103-107]

・Naoki Hotta : Usefulness of Castor Oil for Bowel Preparation for Colon Capsule Endoscopy in the Patients on Dialysis [Open Journal of Medical Imaging : 2017.7 ; 263-267]

・Naoki Hotta : The Use of Elobixibat and Lactulose for Bowel Preparation for Colon Capsule Endoscopy [Open Journal of Medical Imaging : 2018.8 ; 97-101]

・Ohmiya N,Hotta N , Mitsufuj Selal : Multicenter feasibility study of bowel preparation with castor oil for colon Capsule endoscopy [Dig Endosc. Mar : 31(2)164-172]

・Usefulness of Castor Oil and Elobixibat and Lactulose for Bowel Preparation for Colon Capsule Endoscopy in the patients on Dialysis

予約・お問合せ先

052-451-1541(外来直通)
9:00~16:30(日・祝日除く)