Home > 診療のご案内 > 診療科・部門 > 腎移植科

診療のご案内

診療科・部門

※ 総合診療科を除きすべて予約制となります。


  • 総合診療科/内科・外科
  • 脳神経内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科・外科
  • 腎移植科
  • 泌尿器科
  • 肝臓内科
  • 肝臓外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 大腸肛門科 IBDとおしり外来
  • 皮膚・アレルギー科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 小児外科

専門外来

  • 腎臓病総合医療センター
  • 免疫細胞治療
  • 睡眠障害・いびき
  • セカンドオピニオン外来
  • IBDセンター
  • Bスポット療法

腎移植科の特色

腎移植科の特色

 3名の常勤腎移植専門医(1名米国留学中)・1名の専任移植コーディネーターを中心とし、名古屋第二赤十字病院移植外科・内科、愛知医科大学外科講座腎移植外科、藤田医科大学臓器移植科、豊見城中央病院からの非常勤の移植専門医による週4日の常設腎移植外来を開いています(通院腎移植患者数;約400名)。加えて、院内の腎臓内科、泌尿器科、消化器内科、糖尿病内科、循環器内科、脳神経内科、皮膚科、眼科とも協力し、腎移植に関する専門的かつ総合的な診療を行っています。

 レシピエントがより良い生活を長期間送り続けるためには、免疫抑制剤を継続して内服する必要があるため、シクロスポリン・タクロリムス・ミコフェノール酸モフェチルなどの免疫抑制薬の院内濃度測定による適正な薬物濃度モニタリングを行い、感染症、生活習慣病ならびに悪性疾患対策を継続することが大変重要です。

また、生活習慣病対策として、高血圧症・高コレステロール血症・肥満・骨粗鬆症・認知症などの管理を薬物療法だけではなく、管理栄養士による食事療法や理学療法士による運動療法も取り入れながら継続的に行っています。更に、悪性疾患対策も、診療ガイドラインに準じた諸検査をスケジュールに沿って確実に行っています。
当院で長年培われてきた腎不全医療に習熟する看護スタッフの協力体制のもとで診療を行っています。腎移植後合併症に対しては24時間体制で対応し、その他、移植腎生検入院・腎移植後の生活習慣病、移植腎機能低下に対しても評価・治療入院を積極的に行っています。

近年は、年に5~10件程度の生体腎移植手術を行い、良好な成績を収めています。また、名古屋第二赤十字病院や愛知医科大学との連携を密にして、腎移植のすそ野を広げられるようにしております。

腎移植科の特色

診療・治療検査

I.外来診療内訳
  1. 維持期腎移植患者長期フォローアップ(免疫抑制薬など:先発医薬品を優先)
  2. 生体腎移植ドナー長期フォローアップ
  3. 電話による病状に関する相談
  4. 腎移植療養相談(レシピエント移植コーディネーター)
  5. 病病、病診連携によるがん検診ならびに治療施設の適切な紹介
II.主な入院疾患内訳

腎移植後各種病態の治療

  1. 生体腎移植術前検査
  2. 生体腎移植手術(多施設共同、クリニカルパスよる標準的治療)
  3. 地域連携パスによる腎移植後早期病態管理
  4. 尿路感染症
  5. 呼吸器感染症
  6. 消化器感染症
  7. 拒絶反応/再発腎疾患の診断・治療 (移植腎生検など)
  8. リハビリテーション
  9. 教育入院
  10. 各種泌尿器・消化器疾患の内視鏡手術

患者さんへ

 私たち腎移植外科の目標は、腎疾患専門病院である増子記念病院の「質の高い透析チーム医療経験」を生かし、腎移植患者(レシピエント)さんに、より長く充実した健康生活を全うして頂くことです。また、移植腎を提供されたドナーさんに、生活指導を含めた腎摘出術後の残腎機能管理を継続して行い、長く元気で生活していだくことです。

連携医療機関へのメッセージ

 慢性腎臓病の専門施設であるため、この分野の専門知識に対して研鑽を積むスタッフが長期間にわたり継続的に対応させていただきます。また、病院が掲げる患者さんを中心とするチーム医療の一環として、合理的で迅速な診療にも配慮しています。たとえば、外来診察の予約ならびに変更はすべて電話で対応いたします。また、日中は体調の異常などに関する電話による応対も積極的に行い、大規模施設では難しい小回りの利く医療にも心がけています。また、メーリングリストを利用して緊急の感染症情報なども配信しています。その一方で、治療の基本となる移植後診察に必要な基本採血、蓄尿定量検査、免疫抑制薬の濃度測定などはすべて自施設で即時施行可能です。また、診察室は感染対策に配慮して、一般外来とは別階に設け、患者さんとのコミュニケーションを重視した対面式診察を行っています。当科の特徴として、外来診察室と併設して腎移植相談室があり、レシピエントコーディネーターが各種相談に随時対応しています。

スタッフ紹介

常勤医師

打田 和治(うちだ かずはる)腎移植科 部長

日本臨床腎移植学会 前理事
愛知医科大学腎疾患・移植免疫学寄附講座前教授

辻田 誠 (つじた まこと)腎移植科 医長(※米国留学中)

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本移植学会 移植認定医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本腎臓学会 腎臓専門医

松岡 裕(まつおか ゆたか)腎移植科 医長

日本外科学会 外科専門医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医

植木 常雄(うえき つねお) 泌尿器科 部長

日本泌尿器科学会指導医・専門医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本移植学会認定医

安田 香(やすだ かおる)腎臓内科 部長

日本内科学会認定内科医・総合内科医専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本移植学会移植認定医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本感染症学会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本医師会認定産業医
愛知県透析医会理事
東海透析研究会幹事

堀 麻友子(ほり まゆこ)腎臓内科 医長

日本内科学会認定内科医・総合内科医専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
緩和ケア研修会修了

石丸 由佳(いしまる ゆか)腎臓内科

日本内科学会認定内科医

認定レシピエント移植コーディネーター

山上 孝子(やまがみ たかこ)

非常勤医師

  • 名古屋第二赤十字病院 移植外科・内科
     渡井 至彦/鳴海 俊治/後藤 憲彦/平光 高久/岡田 学/二村 健太/大原 希代美
  • 愛知医科大学 腎移植外科
     小林 孝彰
  • 藤田医科大学 臓器移植科
     伊藤 泰平
  • 豊見城中央病院
     西平 守邦

診療のご案内

●受付開始時間:8:00~  ●外来予約受付:052-451-1541
診療時間
9:00~12:00 打田
伊藤
打田
松岡
大原
- 松岡 打田
松岡
西平
(第2金)
安田
打田
松岡
西平
(第2土)
第2日赤当番医
(第1・3・4・5土)