Home > 診療のご案内 > 診療科・部門 > 腎臓内科

診療のご案内

診療科・部門

※ 総合診療科を除きすべて予約制となります。


  • 総合診療科/内科・外科
  • 脳神経内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科・外科
  • 腎移植科
  • 泌尿器科
  • 肝臓内科
  • 肝臓外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 皮膚・アレルギー科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 小児外科

専門外来

  • 免疫細胞治療
  • 睡眠障害・いびき

腎臓内科の特色

腎臓内科では、すべての腎臓病に対する検査と治療ができる体制を整えています。診療に際しては、「わかりやすい説明」に心がけ、「最高レベルの腎臓病診療」を目指しています。
自覚症状に乏しく進行性経過を示すため「沈黙の臓器」と呼ばれる腎臓の疾患は多彩な原因で生じます。原発性・続発性の各種糸球体疾患(糸球体腎炎、ネフローゼ症候群など)、電解質異常や水調節障害、酸塩基平衡異常、急性・慢性腎不全、膠原病性腎炎などが代表的腎臓病です。検尿異常や腎機能低下に始まり、慢性腎不全保存期から末期腎不全での透析療法・腎移植まで「腎臓内科のすべての領域」を診療できることが当院の特徴です。最近は、糖尿病や高血圧に合併する慢性腎臓病が増え、日本の「慢性腎臓病:CKD」患者さんは1300万名と膨大になっています。また、毎年35000名程度が末期腎不全で透析療法などの腎代替治療を開始し、維持透析患者さんは32万名を超しています。

腎臓病治療では、病態に基づく積極的治療と腎保護療法の両面が必要です。
腎臓病の正確な病態解析には腎生検による診断が不可欠で豊富な経験が必要です。膠原病性腎症や血管炎に伴う腎臓病は重症化しやすいため強力な免疫抑制療法と血液浄化療法の組み合わせが有効です。膠原病や家族性高脂血症などに対するLDL吸着療法や免疫吸着などに代表される最新の血液浄化療法を行います。急性・慢性腎不全に対しては、血液透析、腹膜透析(CAPD)を実施し、腎移植を含めた最適の治療を行うようにしています。近年の治療法進歩により進行性腎臓病や難治性腎臓病の治療成績は劇的に向上しています。当院では、培ってきた実績と症例経験に基づく最新で最適の診断と治療が提供できます。
一方、慢性腎臓病と診断されても悪化しない腎臓病は多く、外来スクリーニングで適切に診断でき、日常生活指導による治療効果が期待できます。当院では、医師に看護師、管理栄養士、薬剤師などが加わり腎臓病チームを構成し腎保護療法を積極的に行っています。難しい腎臓病の食事療法も適正に行うことで実施可能になります。増子記念病院腎臓病チームにより腎臓病の進行性悪化の軽減は可能になります。
自己管理がきわめて重要な腎臓病治療においては患者さんが正確に自身の病気を理解し、積極的に治療参加することが大切な為、情報提供を最大限に行い、治療に反映させるよう心がけています。

増子記念病院では、月曜日から土曜日の午前中に加え月・水・金曜日の夜間にも腎臓病専門外来を行っています。患者さんのご都合に合わせた診療時間帯に専門医の診療が受けられます。外来診療にも24時間蓄尿検査などを取り入れ、塩分やたんぱく質などの食事状況なども把握可能です。その結果として高血圧管理が良好になり、腎臓病の進行性が鈍化していきます。外来受診時には、管理栄養士や腎臓病エクスパートスタッフによる相談も可能ですし、「ますわ会」では調理実習も行っています。
増子記念病院では、地域の先生方との医療連携を大切にした診療を行います。
患者さんは紹介医の先生と協力し、当院では専門医診療のみを担当させていただきます。継続して診療しやすい環境を大切にしています。

増子記念病院では新しい取り組みを始めました。40年を超す経験がある血液透析療法では、週3回1回4~5時間の透析治療が標準ですが、長時間血液透析(1回6~8時間)・在宅血液透析やオーバーナイト透析を始めました。長時間かけて透析することで体への負担が小さく、透析効率が大きく改善し、良好な体調で元気にお仕事ができることが特徴です。腹膜透析も可能で、患者さんの生活・ADLに合わせて様々な透析療法を提供しています。患者さんに合わせた、適切なあらゆる腎代替療法を提供できるようにしています。

検査・治療

  • 随時尿と24時間蓄尿検査に基づく腎臓病の病態解析と生活指導、食事指導実施
  • エコー・CT等の画像診断
  • 薬剤濃度に基づく免疫抑制療法の実施
  • 腎生検診断に基づく治療立案
  • 腎不全保存期教育入院(腎機能低下度に応じて3段階の教育入院コース)
  • 入院計画に基づいた短期入院診療
  • 腎不全保存期療養相談・療法選択への腎臓病チーム診療
  • 末期腎不全腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)の開始
  • 長期にわたる良質な腎代替療法の継続診療

増子記念病院の腎臓内科は腎生検診断に基づく診断・治療を行います。日本の腎生検診断のトップレベルの先生方と協力し、最新の知識を網羅する出版も行っています。

腎臓内科医師の分担執筆した単行本の紹介

  • 医薬ジャーナル社「先行的腎移植 最良の腎代替療法を目指して」
  • 東京医学社 「腎生検からここまで解る臨床病態 50 症例」
  • 南江堂 「腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019」(2017年)
  • 医薬ジャーナル社「症候性骨髄腫の新・診断基準」
  • 医薬ジャーナル社「多発性骨髄腫 Updating 第1巻 多発性骨髄腫の診断」
  • 医薬ジャーナル社「多発性骨髄腫 Updating 第2巻 多発性骨髄腫の症候/合併症とその対策」
  • 医薬ジャーナル社「腎生検電子顕微鏡アトラス」
  • 診断と治療社「腎臓内科レジデントマニュアル」
  • 医薬ジャーナル社「先行的腎移植 最良の腎代替療法を目指して」(2016年)
  • 東京医学社 「腎生検からここまで解る臨床病態 50 症例」(2014年)
  • 南江堂 「腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019」(2017年)
  • 医薬ジャーナル社「症候性骨髄腫の新・診断基準」(2016年)
  • 医薬ジャーナル社「多発性骨髄腫 Updating 第1巻 多発性骨髄腫の診断」(2012年)
  • 医薬ジャーナル社「多発性骨髄腫 Updating 第2巻 多発性骨髄腫の症候/合併症とその対策」(2013年)
  • 医薬ジャーナル社「腎生検電子顕微鏡アトラス」(2016年)
  • 診断と治療社「腎臓内科レジデントマニュアル」(2015年)

透析患者さんへ

 こちらをご覧ください。

スタッフ紹介

両角 國男 (もろずみ くにお) 理事長・院長

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医 日本腎臓学会功労会員
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本移植学会移植認定医 日本移植学会名誉会員
日本臨床腎移植学会腎移植認定医 日本臨床腎移植学会名誉会員
移植腎病理研究会 代表幹事
名古屋市立大学医学部臨床教授(前)
名古屋大学医学部臨床教授(前)
国際学会会員:国際腎臓学会、国際移植学会、米国腎臓学会、米国移植学会

山﨑 親雄 (やまざき ちかお) クリニック昴院長

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本透析医会会長(前)

安田 香 (やすだ かおる) 腎臓内科 主任部長

日本内科学会認定内科医・総合内科医専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・認定指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本透析医学会 学術委員会 学術専門部小委員会委員
日本透析医学会 統計調査委員会 統計解析小委員会委員
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本感染症学会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本医師会認定産業医

近藤 千華 (こんどう ちか) 腎臓内科 部長

日本内科学会認定内科医・総合内科医専門医
日本腎臓学会腎臓専門医

美浦 利幸 (みうら としゆき) 腎臓内科 医長

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本高血圧学会専門医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
JMECCインストラクター

佐藤 諒 (さとう りょう) 腎臓内科 医長

日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
JMECCインストラクター

森弘 卓延 (もりひろ たかのぶ) 腎臓内科(内科・透析内科) 部長

白澤 祐一 (しらさわ ゆういち) 腎臓内科(腎臓・代謝内科) 部長

日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
名古屋市立大学医学部臨床教授
緩和ケア研修会修了

診療のご案内

●受付開始時間:朝8:00~、夜16:30~  ●外来予約受付:052-451-1541
診療時間 診療科
9:00~
12:00
腎・高血圧内科 両角國男

近藤千華
安田香 白澤祐一 両角國男

山﨑親雄
佐藤諒 森弘卓延
腎・膠原病内科 - 美浦利幸 - - - -
腎・代謝内科 - - 佐藤諒 - - 白澤祐一
17:30~
19:30
腎・高血圧内科 両角國男
(第3月)
佐藤諒
(第1・2・4・5月)
- 安田香 - 森弘卓延 -