Home > 健診のご案内 > カプセル大腸内視鏡

健診のご案内

カプセル大腸内視鏡検査

カプセル大腸内視鏡検査とは

内視鏡カメラ

超小型カメラを内蔵した長さ31.5mm×11.6mmのカプセルを口から飲み込むだけの内視鏡検査です。
カプセルは消化管を通過しながら画像を撮影し、画像を記録装置に転送します。
医師はこの画像をもとに大腸の診断を行います。

検査を受けるには

まずは、外来診察をお受けください。予約制になっておりますので、診察の予約をお取りください。

検査の流れ

検査前日 朝食、昼食、夕食は病院の指示に従って消化の良い食事をおとりください。

夕食後に下剤を服用してください。
当日 上下の分かれたゆったりとした服装で来院してください。
検査前に腸管洗浄剤を服用していただき、腸の中をきれいにします。
検査機器(センサや記録装置)を取り付けます。
検査の始まり 医師の指示に従って、適量の水でカプセル内視鏡を飲み込みます。
検査中 医師の指示に従い、薬剤などを服用し、検査を続けます。
検査終了 排便時にカプセルが排出したのを確認できたら、検査が終了になります。

費用について

保険適応がありますが、詳細は担当医師にご確認ください。健診として自費で実施することも可能です。

大腸カプセル内視鏡の特徴

メリット

  • 侵襲性が低い
  • 鎮静剤不要
  • 怖い、恥ずかしいなどの精神的な負担がない

できないこと

  • 治療ができない
  • 精査(生検など)ができない

大腸カプセル内視鏡の特徴

052-451-1541(外来直通)
9:00~16:30(日・祝日除く)