Home > 診療のご案内 > 各課のご紹介 > 臨床工学課

診療のご案内

臨床工学課

はじめに

 臨床工学技士とは、1987年5月に制定された「臨床工学技士法」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。
 臨床工学技士は、医師の指示の下、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門医療職種です。
 臨床工学技士は、医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートしています。
 近年の医療の高度化、専門分化等を背景として、チーム医療の円滑な推進は、より質の高い効率的、かつ、効果的な医療を提供する上で極めて重要な職種です。

社会的使命

 昨今の高度な医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化が一層進む中、社会は臨床工学技士の更なる活躍を求めています。
 医療機器の安全性、適正医療の普及、機器管理体制の確立、医療技術の発展、医療費の抑制などが臨床工学技士の社会的使命とされています。

業務

 臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。
当院では、おもに「血液浄化業務」、「血管(バスキュラーアクセス)カテーテル治療業務」、「呼吸治療業務」、「ME機器の保守管理」を行っています。また、「手術領域」において平成27年2月より、生体腎移植術において摘出腎灌流業務を始めました。

血液浄化業務

 当院の血液透析室は、第1透析室(55ベッド)、第2透析室(46ベッド)、第3透析室(28ベッド)長時間透析室(16ベッド)に区分され、合計145ベッドで、各透析室に臨床工学技士を配置しています。
 各透析室のコンソール(患者監視装置)は、すべて全自動透析装置であり、なかでも オンラインHDF治療可能なコンソールが29台設置されています。

 透析室での日常業務に加え、水処理装置の保守管理(水質管理)、透析患者さんの検査データ管理を実施し、各患者さんに適した透析治療がされているかの確認や評価も行っています。

 また、病室での血液透析をはじめとする各種血液浄化療法(CRRT、PE、DFPP、DFthermo、PMX-DHP、GCAP、KM-CART)にも対応しております。


  • 透析室において人工呼吸管理中患者の透析

  • 病室の血液透析

  • DFthemo

  • CRRT

  • KM-CART

PTA「経皮的血管形成術 Percutaneous Transluminal Angioplasty」業務

 狭窄した血管(Vascular Access :VA)をバルーンカテーテルを用いて、拡張(最大圧力:20atm程度)し、修復する手術。

  • PTAバルーン拡張中

 PTA前後のVA再循環率、透析中の静脈圧、CL-GAPなどを評価しています。また、今後は、VAを
echoでも評価していきます。

呼吸治療、ME機器管理業務

 病棟で使用されている人工呼吸器、除細動器、輸液ポンプ・シリンジポンプなどのME機器の保守管理を行っています。
 その他にも、病院スタッフ向けに医療機器に関する勉強会の開催、新製品の臨床評価、研究活動など行っています。

認定資格取得者

臨床工学技士 14名
臨床検査技士 1名
透析技術認定士 10名
3学会合同呼吸療法認定士 1名

 チーム医療の一員として、患者さんに対して、よりよい医療が提供できるよう、日々努力を重ねています。