Home > 診療のご案内 > 各課のご紹介 > 臨床栄養課

診療のご案内

臨床栄養課

増子記念病院 臨床栄養課では、「健康の保持・増進、疾病の進展防止・回復、栄養状態を良好にすること」を目的に様々な栄養サポートを提供しております。

施設概要

当院は、入院時食事療養(Ⅰ)及び食堂加算の届け出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時、適温で提供しております。常勤の管理栄養士4名が在籍しており、栄養管理計画に基づき入院患者様の栄養管理を行っております。また、特定保健指導も実施しております。

  • 調理実習室(2階) 調理実習室(2階)
    調理実習室(2階)
  • フードモデル
    フードモデル

個別栄養指導

入院・外来患者様を対象に予約制で行っております。栄養指導は健康の保持・増進、疾病の進展防止・回復を目的に個々の患者様のライフスタイルに合わせたアドバイスをさせて頂きます。

  • 外来栄養指導 外来栄養指導
    外来栄養指導
  • 入院栄養指導
    入院栄養指導

集団調理実習

入院・外来患者様、家族の方を対象に予約制で行っております。腎臓病(腎不全保存期、血液透析)、糖尿病、肝臓病の調理実習を定期的に行っております。
(詳細は「各教室のご案内」をご参照ください。)
難しい食事管理も実際に作って、食べることで具体的な食事療法をご理解頂けると考えております。また、当院の調理実習は疾病別のサポートチームと連帯しており、治療の相談、不安や疑問などを相談することもできます。

  • 調理実習
    調理実習
  • お食事
    お食事
  • 出来上がりのメニュー
    出来上がりのメニュー

治療用特殊食品の紹介・販売

腎臓病、糖尿病、肝臓病、嚥下障害、栄養不良などの食事療法に利用可能な治療用特殊食品の紹介・販売を行っております。管理栄養士が各食品の特徴や使い方を説明しております。

  • 腎臓病 :エネルギー・たんぱく質・食塩調整食品
  • 糖尿病 :低カロリー甘味料を使用した飴、ジャム
  • 肝臓病 :分岐鎖アミノ酸(BCAA)を配合した食品
  • 嚥下障害:やわらか食品、とろみ剤
  • 栄養不良:濃厚栄養流動食、濃厚ゼリー食 など
治療用特殊食品の展示

治療用特殊食品の展示

入院のお食事

医師が患者様の疾病や病状、年齢、身長、体重などを考慮し、入院中のお食事を処方します。医師の処方に基づき管理栄養士によって、管理された食事を提供させて頂きます。当院では、患者様の病状に合わせ、食事の形態や嗜好などの個別対応を行っております。また、行事に合わせた食事やお好きなメニューをお選びできる選択食も取り入れております。快適で美味しい食事を安全に提供することができよう、取り組んでおります。

※選択食の実施
食事は治療の一環であるとともに、入院生活における楽しみのひとつです。そのため、入院食を少しでも楽しみにして頂けるよう、選択食を実施しております。選択食では、通常のメニューとは別に「中華つけ麺」や「助六寿司」、季節に合った旬な食材を取り入れております。

入院食
  • 海老の天ぷら
    海老の天ぷら
  • カレーライス
    カレーライス
  • ブリの照焼き
    ブリの照焼き
行事食
  • 土用の丑:鰻の蒲焼
    土用の丑:鰻の蒲焼
  • 夏至:散らし寿司
    夏至:散らし寿司
  • 七夕:鮎の塩焼き
    七夕:鮎の塩焼き

栄養管理、栄養サポートチーム(NST)

当院では、入院患者様の栄養状態を総合的に管理するために、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、管理栄養士により専門的な知識や技術を活かした栄養サポートを行っております。週に1回、NSTカンファレンスを行い、患者様に最も適切な栄養補給の方法などの提案を行っております。また、当院は日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士取得に関する実施修練施として、認定されております。

  • NST回診
    NST回診
  • 身体計測、栄養状態の評価
    身体計測、栄養状態の評価

「栄養サポートチーム専門療法士 認定実地修練の受け入れ」について[PDF]

NST専門療法士 実地修練 申し込み書[PDF]

NST研修カリキュラム[PDF]

診療実績

個別栄養指導 疾患別内訳

個別栄養指導を疾患別でみると腎臓病分野の割合が大きく、当院の診療の特徴が表れています。下記グラフ項目「血液透析」、「腎移植」、「腎不全保存期」の割合を合わせると、全体の約7割に上ります。
「その他」の項目については、肝臓病、嚥下、低栄養、心疾患、術後などがこれに該当します。

個別栄養指導

集団調理実習 開催実績 

当院臨床栄養課では、疾患別の集団調理実習を積極的に開催しております。疾患は「腎不全保存期」、「糖尿病」、「血液透析」、「肝臓病」の4疾患で、実際の治療食を体験して頂き、食事療法の説明や、そのほか様々なレクチャーを行っています。
年間開催回数は約80回に渡り、また参加延人数(年間)は700人を超えています。食事療法を体験・理解するだけでなく、食事に関する不安や疑問の解消、患者同士の交流も行える場となっております。

H29.4~H30.3 実績

疾患テーマ 開催回数 参加延人数 平均参加者数
調理実習(腎不全保存期) 48回 402人 8.4人
調理実習(糖尿病) 12回 126人 10.5人
調理実習(血液透析) 12回 142人 11.8人
調理実習(肝臓病) 6回 35人 5.8人
年間合計 78回 705人 -
月平均 6.5回 59人 -