Home > 病院紹介 > 理念

病院紹介

理念

創設の基本理念

医療法人衆済会増子記念病院は、1946年(昭和21年)、初代理事長増子六郎によって創設されました。創設に際して法人名を「衆済会」としましたが、これは医療を通じて多くの人々の苦しみを取り除くという意味であります

病院運営の基本理念

また、創設者は、病院運営の理念を、「求むるは成功にあらずして正義なり」としました。医療の正義とは、病める人の生命と尊厳を守るために、自然科学としての医学を研究・実践するとともに、病める人のひととなりと、その社会的立場をも理解して診療にあたることと考えています

病院診療理念

こうした創立、運営の基本理念をもとに、診療の場にあっては、「患者とその家族、職員とその家族の幸せのために」を基本理念として掲げました。患者とその家族の幸せのための医療とは、適切で速い診断と治療・家族負担の軽減・本人と家族の満足を目標とし、職員とその家族の幸せのための医療とは、仕事をする喜び・安定した経営・職員の生活保障を目標としました

診療の基本方針

これらを実践するために、以下の診療上の方針を徹底しようと努力しております

  • 1.良質な医療の提供
  • 2.十分な説明と納得
  • 3.チーム医療の実践
  • 4.時間の節約

患者の皆様の権利

  • 安全で良質な医療を平等に受けることができます
  • ご自身の病気や治療について十分な説明を受けることができます
  • 検査・治療法など自らの意志で選択することができます
  • 皆様のプライバシーは常に保護・尊重されます
  • 皆様のご意見・ご要望を尊重します
  • 診断や治療に関して、他の医師又は医療機関の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます
  • 一定の手続きの上で、診療録の開示を求めることができます