平成28年度 増子記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 53 55 123 204 361 412 318 62
上記の表は、平成28年度の退院患者数を10歳ごとの年齢階級別(入院時)で集計したものです。
当院は、地域医療を目指しており、70歳代の患者数が最も多く、患者さんの約72%が60歳以上が高齢の患者さんです。
50歳以上では、主に、白内障手術、透析シャント手術、ポリープ切除術が多く行われています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科、肝臓内科、睡眠障害
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 68 2 2.08 - 56.29
110050xx97x00x 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 3.12 12.21 - 57.58
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 18.70 12.84 0.19 71.72
060300xx0100xx 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 食道・胃静脈瘤手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 21 3.14 14.23 - 79.05
060050XX0300XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 5.28 8.70 - 73.72
腎臓内科専門医による慢性腎臓病や慢性腎不全の治療、肝臓内科専門医による後腹膜疾患、肝硬変、肝細胞癌の治療を積極的に行い、患者数は上位を占めています。
当院は地域医療に密着しているため近隣施設から「睡眠時無呼吸症候群」検査のご紹介を多くいただいています。当該検査は、夜に入院し、翌朝退院となるため、在院日数は2日になります。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。

外科、透析外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし - 11.5 11.74 - 65.25
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 8 12.84 - 72.33
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - 7 12.46 - 78.67
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし - 2.66 3.44 - 67.66
060050xx97x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 1あり - 197 30.20 - 81.5
当院は、高齢の患者さんが多く、末期腎臓疾患や複数の合併疾患のための手術を必要とする患者さんが多いのが特徴です。そのため、肝臓外科専門医、消化器外科専門医による手術が増加しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 21 3.76 2.91 - 73.14
当科では、腎臓疾患や糖尿病疾患を持つ患者さんの白内障手術が占めています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 22 2.45 5.83 - 54.5
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 15 4.47 7.44 - 72.27
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり - 2 2.68 - 71.37
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - 11 12.52 - 64
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 - 3 5.75 - 51.5
泌尿器科では、尿路結石除去、膀胱悪性腫瘍手術が上位2位を占めています。
特に、尿路結石治療については、最先端の治療を目指しており、サンゴ状結石、腎移植後・尿路変更術後等の難易度の高い尿路結石治療を積極的に行っています。
腎悪性腫瘍手術では、腹腔鏡手術を行っています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - 10 16.31 - 69
当院は、85歳未満の2型糖尿病の糖尿病教育入院を認めています。
インスリン注射に関する理解を含む教育入院であるため、平均在院日数は全国平均を下回る結果となっています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 12.55 12.84 - 66.23
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 17 10 17.77 - 52.05
110280XX99010X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 12 18.66 14.77 - 64.41
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 10.36 17.95 - 76.55
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 10 46.5 37.06 0.063 76.3
当院は、腎臓内科・透析部門を核に腎臓病総合医療センターを目指し、各科との連携を図り効率よい質の高い治療を行っています。
慢性腎不全の患者さんが最も多く、その中で末期腎不全の患者さんが最も多くを占めています。
また、慢性腎炎を含む保存期腎不全や難病指定である全身性エリテマトーデスの患者さんなどの膠原病の患者さんの治療も行っています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - 6.5 5.50 0.063 60.25
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 11 12.84 - 60
060130XX97000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 10 11.86 - 74
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし - 9 11.97 - 51
当院は、腎移植患者さんの治療を積極的に行っているため、腎臓内科との連携を密に取り合い、質の高い治療を行っています。腎移植後の患者さんの中には、消化器系の合併症を発症される方が多く、消化器内科、消化器外科とも連携し治療を行っています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 9.86 12.84 - 63.57
110280XX99001X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - 16.75 20.88 - 72.25
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - 23 15.58 - 78
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし - 2 12.65 - 57
180035xxxxxxxx その他の真菌感染症 - 11 30.97 - 72
慢性腎不全の患者さんの中には、末期腎不全により透析導入が必要となり、シャント手術を行うために入院される方が多いです。
オーバーナイト透析の拡充により患者数は増加しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 2.33 8.87 - 68.67
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし - 1 17.7 - 38
100210xxxxxxxx 低血糖症 - 2 6.96 - 53
100061xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - 11 14.97 - 79
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - 9 14.61 - 48
低血糖症の患者さんだけでなく、当科の平均在院日数は全国平均より短いです。
1型糖尿疾患と2型糖尿病疾患の場合は、入院中にインスリン注射の理解を含む教育入院であるため、在院日数は短くなっています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 22 2.27 2.72 - 69.05
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - 14 13.60 - 85.67
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - 16.67 13.77 - 58.33
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし - 4 3.00 - 69.33
060140xx99x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 4 9.06 - 71.5
当科は、胃、小腸、大腸の消化管疾患を中心とした治療が多く、内視鏡を用いて粘膜切除・ポリープ切除を行う患者さんが多いです。
ヘルニアの患者さんには、手術でなくイレウスロングチューブ挿入法を施行しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。

消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 25.13 12.84 - 74.88
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 19 6.53 4.41 - 62.79
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 16 3.31 4.48 - 68.94
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 12 25.83 20.88 - 78.83
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 25.5 11.54 - 73.33
当院は、腎疾患をもつ患者さんの手術が上位を占めており、腹腔鏡下や内視鏡を用いた手術を行っています。直腸や肛門等の悪性新生物に対しては手術を行わず、化学療法のみの治療を行う患者さんもいます。
表には掲載していませんが、肝切除を行う機種を更新し、高難度な手術を施行できる環境が整い肝疾患の患者さんの手術も行っています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - 1 -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
TNM分類とは、
T:原発腫瘍
N:所属リンパ節
M:遠隔転移
を意味します。
StageのⅠ~Ⅳの順に重症となります。
当院では、胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんの治療を行っています。
この他にも、前立腺癌、腎癌等も存在しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - 10 65
中等症 39 20 80.59
重症 - 21 73.5
超重症 - 53.5 86
不明 - 0 0
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎です。成人(15歳以上)が肺炎に罹患し、かつ入院された患者さんを重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢で集計したものです。
当院では、中等症の患者数が最も多く、平均年齢も80歳以上と高いです。
重症度が最も高い超重症の患者さんの平均年齢は86歳と最も高くなっていることから、高齢の患者さんほど肺炎が重症化する傾向があるといえます。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 7.6 71.3 0
その他 - 2 80 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 - 16 82.3 0
その他 - 26 79.3 0.063
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0 0 0
その他 - 0 0 0
脳梗塞等の分類にあたる患者さんをICD10コード別に分類し、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率で集計したものです。
最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD10コードの上3桁で集計しています。
ICD10コードとは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した傷病に関する分類です。
平均年齢70歳以上の高齢患者さんが大半であり、「脳梗塞」疾患の患者さんでは、急性期である発症3日以内だけでなくそれ以上の日数の場合でも平均在院日数は長くなっています。
「一過性脳虚血発作及び関連症候群」疾患の患者さんは、一時的な意識消失の場合が多く、比較的早期に軽快されるため平均在院日数は短いです。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科、肝臓内科、睡眠障害
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 103 1.86 1.21 - 64.07
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22 0.41 1.23 - 65.64
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他) 10 0.1 5.3 - 76.2
K610-3 内シャント設置術 - 3.44 7.11 0.06 61.11
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - 30.75 62.38 - 78.13
当院は、肝硬変患者さんや癌患者さんの腹水・胸水を抜き、濃縮し経静脈的に返還する「胸水腹水濾過濃縮再静注法」の症例が最も多いです。この方法は、濃縮された自己タンパク質、アルブミン、γ-グロブリンを破棄することなく有効に再利用できるため、患者さんの体力を回復する利点があります。
肝臓病疾患だけでなく、消化器系の疾患がある患者さんも多く、内視鏡大腸ポリープ粘膜切除術、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法による治療が行われています。又、透析をされている患者さんも多く、内シャント設置術、経皮的シャント拡張術・血栓除去術も行われています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
外科、透析外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - 0.75 98.75 - 77
K608-3 内シャント血栓除去術 - 0 1.67 - 67.67
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 1 5 - 78.67
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 2 4 - 63
K610-3 内シャント設置術 - 0 1 - 81
当院は、肝硬変患者さんや癌患者さんの腹水・胸水を抜き、濃縮し経静脈的に返還する「胸水腹水濾過濃縮再静注法」の症例が最も多いです。この方法は、濃縮された自己タンパク質、アルブミン、γ-グロブリンを破棄することなく有効に再利用できるため、患者さんの体力を回復する利点があります。
肝臓病疾患だけでなく、消化器系の疾患がある患者さんも多く、内視鏡大腸ポリープ粘膜切除術、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法による治療が行われています。又、透析をされている患者さんも多く、内シャント設置術、経皮的シャント拡張術・血栓除去術も行われています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 29 0.97 1.83 - 76.03
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの - 1 1 - 87.67
当科は、白内障に対する水晶体再建術が占めています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 19 0.05 1.42 - 53.58
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 14 0.29 3.71 - 74.14
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - 2.86 7.14 - 64
K6335 鼠径ヘルニア手術 - 0 0.29 - 63.57
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) - 1.5 7.5 - 72.75
当科は、経尿道的尿路結石除去術の患者数が最も多く、次いで、膀胱悪性腫瘍術の患者数が多いです。
いずれも、周術期合併症が非常に少なく、術後短期間で退院しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 16 12.13 28.16 0.06 72.38
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 7.38 35.92 - 73.62
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 12 15.08 37 0.19 70.83
K608-3 内シャント血栓除去術 - 0.67 1 - 67.67
K6072 血管結紮術(その他) - 8.5 81.5 - 78.5
当院は透析患者さんが多いため、当科では「内シャント設置術」「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」「内シャント血栓除去術」等のシャントに関わる手術が大半を占めます。
シャントとは、静脈を動脈に縫い合わせてつなぐことにより直接動脈血を静脈へ流すことにより血液透析を行うために必要です。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 - 10 8 - 39
腎移植をされた患者さんで、透析を導入する必要が生じる場合があります。
当科は、腎臓内科や透析内科、透析外科と密に連携しているため、透析導入が必要な患者さんに対して迅速にシャントを設置することができます。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - 1 7.75 - 69
K0843 四肢切断術 指(手、足) - 0.5 64.5 - 72.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 1 3 - 68
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - 1 2 - 78
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - 0 1 - 57
当科は、主に腎臓内科と透析外科と連携し、透析患者さんに必要なシャント作成や経皮的シャント拡張術・血栓除去術を行っています。
60歳代から70歳代の透析患者さんが大半で、中には血流不全等による四肢の切断手術を必要とする方もいます。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
糖尿病・内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - 0 1.5 - 70
K610-3 内シャント設置術 - 0 1 - 66
当科には、腎臓内科、透析内科、透析外科、移植外科の患者さんもいるため、必要な手術が行われています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 0.22 1 - 69.33
K654 内視鏡的消化管止血術 - 0.4 9.4 - 67.8
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - 0 1.33 - 51.67
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 0 26 - 66
K714-2 腹腔鏡下腸管癒着剥離術 - 16 10 0.06 86
当科は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除を行う患者数が最も多く、内視鏡的治療及び腹腔鏡的治療を行うことにより、患者さんに対する負担を少なくしています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。

消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 - 1 6.75 - 76.25
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - 35 21.67 - 70.67
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - 0 3.5 0.06 56
K0842 四肢切断術(下腿) - 22 78.5 - 75.5
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - 0.5 3.5 - 62
当科は、鼠経ヘルニア手術だけでなく、腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術を多く行っています。当院は高齢で透析をされている患者さんが多く、疾患も多岐にわたるため、手術も多岐にわたる特徴があります。
「抗悪性腫瘍剤動脈・静脈又は腹腔内持続注入用埋込型カテーテル設置 頭頚部その他に設置した場合」とは、悪性腫瘍の患者に対し、中心静脈以外の動脈・静脈及び腹腔内等にカテーテルを留置し、抗癌剤の局所持続注入又は疼痛の制御を目的として、チ ューブ又は皮下植込型カテーテルアクセスを設置した場合です。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0
異なる - 0.06
180010 敗血症 同一 - 0.32
異なる - 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.06
異なる - 0.19
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 2.65
異なる - 0.13
医療資源を最も多く投入した傷病名と入院の契機となった傷病名との同一性の有無を区別して、症例数と発症率で集計しています。
当院は、手術や処置等を行う際には、合併症を引き起こさないように細心の注意を払っています。患者さんには、事前に起こりうる合併症について説明した上で、手術や処置等に同意をいただくように努めています。
「手術や処置等の合併症」について、入院の契機となった傷病名が同一の場合以外は、症例数及び発生率とも比較的低い値を示しています。
ハイフン(-)は、患者数が10人未満です。
更新履歴
20180307