平成29年度 増子記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 57 61 138 182 346 441 336 74
平成29年度(2017年4月1日~2018年3月31日まで)の退院患者数を10歳ごとの年齢階級別(入院時)で集計したものです。
全体的に幅広い年代の患者さんに医療を提供しており、特に60~89歳の年齢階級の方が多くなっています。質の高い専門的な医療と病診、病病連携を中心とした地域に根付いた医療が当院の特徴といえます。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 18.26 17.71 4.35 76.04
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 24.6 20.83 - 85.3
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 6.14 9.08 7.14 65.79
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 11.14 15.12 - 82.79
100380xxxxxxxx 体液量減少症  12 10.58 9.16 - 65.33
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 19 4.68 8.43 - 70.74
110050xx97x00x 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 4.17 12.44 - 58.94
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1:あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.61 - -
060300xx99x1xx 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2:1あり - - 26.38 - -
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.43 - -
肝細胞癌で入院されている患者さんは、経皮的ラジオ波焼灼療法を中心に施行しています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090030xx99xxxx 乳房の炎症性障害 手術なし - - 5.90 - -
160250xxxx0xxx 眼損傷  手術・処置等1なし - - 4.94 - -
090010xx99x10x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし - - 14.80 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.58 - -
160400xx97x0xx 胸郭・横隔膜損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 10.78 - -
基本的に手術の対象とならない場合も必要に応じて入院してもらっています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 12 16.08 19.94 - 78.42
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 18.11 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - 19.97 - -
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創  手術・処置等1なし - - 10.25 - -
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 副傷病なし - - 6.89 - -
椎体の圧迫骨折に対する保存療法、四肢の手術を対象に治療の対応をしています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:2あり 副傷病なし - - 16.51 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:2あり 副傷病なし - - 16.33 - -
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:2あり 副傷病なし - - 21.42 - -
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.76 - -
脳梗塞、脳出血といった脳血管障害を中心に、他科の医師とも協力しながら、めまい、しびれ、ふらつきといった日常的によく経験するような症状について、検査・治療を施行します。
神経難病の患者様の短期入院リハビリテーションや、レスパイト入院についても対応していきます。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - 17.95 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹  - - 8.95 - -
080110xxxxx1xx 水疱症  手術・処置等2:1あり - - 35.02 - -
080110xxxxx0xx 水疱症  手術・処置等2なし - - 29.24 - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 20 2.65 5.75 - 52.05
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 3.88 7.31 - 66.65
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし - - 5.39 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.44 - -
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし - - 12.30 - -
当院では、結石の手術に次いで、悪性腫瘍の手術が多いです。
上位5位までは、結石と腫瘍手術が占めています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病あり - - 15.87 - -
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 11.90 - -
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病あり - - 15.63 - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし - - 14.27 - -
100060xx99x010 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 10.75 - -
糖尿病内科では、2型糖尿病を中心に入院治療が行われています。
合併症は透析治療の有無に関わらず❝腎合併❞が多くなっています。
次いで❝眼合併❞となります。
1・3・4番目の「手術・処置等2:1あり」は、インスリン製剤(注射薬に限る)を使用した症例です。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 136 11.32 12.23 3.68 67.03
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:1あり 副傷病なし 26 12.96 14.55 3.85 60.54
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 5.41 8.50 - 61.32
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 19 19.95 20.39 - 77.79
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 17.46 17.78 7.69 76.77
腎臓内科では、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全に加え、糖尿病性腎症や膠原病性腎炎などあらゆる腎疾患に対応しています。
また、月曜日から土曜日までの午前外来に加え、月・水・金の夜間にも腎臓病専門外来を行っており、患者さんはご自身の都合により受診することができます。
40年以上の歴史を持つ透析医療においても、オーバーナイト透析をはじめとする先進的な治療に取り組んでおり、適切な診療を受ける事が可能となっています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  手術・処置等2なし - - 5.50 - -
110320xx99xxxx 腎、泌尿器の疾患(その他) 手術なし - - 9.62 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし - - 9.74 - -
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.71 - -
060130xx99010x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2:あり 副傷病なし - - 20.91 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
わが国の透析医療の黎明期より続く、全国でも有数の透析施設であり、多くの腎不全患者さんが通院しています。(上記及び腎臓内科としてあらわされています)。
オーバーナイト透析をはじめとした先進的な治療にも取り組んでおり、常に良質な診療を提供できるようにしています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
透析外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 26 4.19 12.41 3.85 72.69
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 10 4.7 11.48 - 71.7
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 8.50 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 5.68 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 15.25 - -
当院では、透析患者さんの命綱であるシャント関連治療を数多く行っています。
また、透析患者さんに近年増加している下肢閉塞性動脈硬化症に対してカテーテル治療やバイパス術などの血行再建創傷治療にも取り組んでいます。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 10.31 7.39 - 64.08
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  手術・処置等2なし 10 5.2 5.50 - 62.6
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 11.6 9.85 - 49.9
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし - - 3.02 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 8.98 - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病なし 21 5.38 4.38 - 74.76
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:6あり 副傷病なし - - 4.47 - -
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:7あり 副傷病なし - - 4.88 - -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.64 - -
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.40 - -
大腸癌の治療は、大腸癌治療ガイドラインに基づいて行っています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
肝臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2:3あり 副傷病なし - - 10.74 - -
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 11.44 - -
060340xx0211xx 胆管(肝内外)結石、胆管炎 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:あり 手術・処置等2:あり - - 44.79 - -
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2なし - - 15.47 - -
060050xx0301xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2:1あり - - 17.67 - -
内科的治療困難な食道静脈瘤、肝細胞癌、転移性肝癌、その他肝悪性腫瘍に対する診療を行っています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 49 1 6,7
乳癌 - - - - - - 1 -
肺癌 - - - - - - 1 6
肝癌 - - - - - 20 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
上記の他にも、腎癌、前立腺癌等も存在しています。

【TNM分類】
T:原発腫瘍の広がり
N:所属リンパ節転移の有無と広がり
M:遠隔転移の有無

【初再発】
初発:自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療あるいは初回治療を実施した場合を指す。
再発:自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん完解後に局所再発・再燃又は新たな遠隔転移をきたした場合を指す。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 10.64 56.18
中等症 50 15.5 77.42
重症 14 32.64 85.71
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、通常の社会生活送っている人にみられる肺炎のことです。
中等症が1番患者数が多く、重症~超重症は平均年齢が高くなています。
高齢の患者さんほど重症化する傾向があるといえます。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 18 25.22 77.22 -
その他 14 28.36 78.14 6.25
アテローム血栓性脳梗塞、多発性脳梗塞などが含まれる疾患群の集計となります。(ICDコードによる)
ICD-10コードとは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した傷病に関する分類です。
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K607-2 血管縫合術(簡単) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 37 2.54 2.73 - 66.62
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 12 0 3.33 - 69.08
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
難治性腹水患者さんに対してカート治療を施行しています。
肝細胞癌患者さんに対してラジオ波焼灼療法を施行しています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) - - - - -
K0401 腱移行術(指) - - - - -
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む)(指) - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 27 1 1.07 - 72.56
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 21 0 1.62 - 51.38
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 17 0 2.88 - 66.65
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
泌尿器科では、尿路結石手術が最も多く、次いで膀胱の悪性腫瘍手術です。50歳以上の男性が多いことがわかります。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 20 44.65 7.8 - 62.9
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
透析外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 17 4.06 20.77 11.76 71.06
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 17 0.47 2 - 68.59
K610-3 内シャント設置術 14 2.14 7 7.14 74.07
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
透析患者さんの命綱であるシャント関連手術、近年増加している下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術が多くなっています。
シャントPTAについては、「短期滞在手術」に分類されて、上の表にカウントされませんが、日帰りシャントPTAを数多く行っています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 45 0.33 1.11 - 67.44
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K7431 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法) - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
鼠径ヘルニア手術は、腹腔鏡下手術も可能です。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
肝臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K672 胆嚢摘出術 - - - - -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
肝腫瘍の治療として、肝切除術やラジオ波焼灼療術、肝動脈化学塞栓療法を病態に応じて施行しています。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
※入院中に他の疾患で手術となった場合も集計対象としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.85
異なる 11 0.67
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 38 2.31
異なる - -
医療資源を最も投入した傷病名と入院の契機となった傷病名との同一性の有無を区別して、症例数と発症率で集計しています。
当院は、手術や処置等を行う際には、合併症を引き起こさないように細心の注意を払っています。
患者さんには、事前に起こりうる合併症についてわかりやすく説明した上で、手術や処置等に同意をいただくよう努めています。
「手術・処置等の合併症」の中には、透析シャント感染症や透析シャント閉塞の病名が含まれます。

※患者数が10未満の数値は‐(ハイフン)を記載してあります。
更新履歴
2018/9/28
初版
2018/11/10
第2版 診療科ごとの補足説明を追加しました。