Home > 診療のご案内 > 診療科紹介 > 特殊外来 睡眠障害・いびき

診療のご案内

診療科紹介

※ 総合診療科を除きすべて予約制となります。


  • 総合診療科/内科・外科
  • 神経内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科・外科
  • 腎移植科
  • 泌尿器科
  • 肝臓内科
  • 肝臓外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 皮膚・アレルギー科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 小児外科

専門外来

  • 免疫細胞治療
  • 睡眠障害・いびき

特殊外来 睡眠障害・いびき

睡眠時無呼吸症候群検査

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)について

SASとは睡眠障害による慢性的な寝不足状態から昼間の強い眠気、集中力散漫、居眠りなどを起こし交通事故や労働災害を招きます。日本では2003年の山陽新幹線の居眠り運転、海外ではスリーマイル島の原発事故や、スペースシャトルチャレンジャーの事故などはこのSASが原因だと言われています。アメリカの調査ではSASの患者は健常人に比べて事故を起こす確立が7倍高いという結果が出ています。また、治療せずに長期間このような状態が続くと不整脈、狭心症、心筋梗塞などの心疾患や高血圧、脳卒中、動脈硬化など重大な生活習慣病を引き起こす確立が高い事も知られています。

夜間就寝時に10秒以上の無呼吸状態が1時間あたり5回以上、一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸が出現する状態だと睡眠時無呼吸症候群と診断されます。寝ている時いびきが激しいとか、いびきが止まる時がある人、また肥満体形の人などは注意が必要です。いびきが大きい、またはいびきが止まると指摘される人で日中居眠りがちな人、朝頭痛がする人などは睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますので、専門医への受診をお勧めします。

当院ではこのSASを重大な生活習慣病の一つと考え、専門外来(眠障害いびき外来:毎月第2、第4月曜17:30~19:30)とPSG検査を行っています。

睡眠時無呼吸症候群検査(PSG:Poly Somno Graphy)

体にセンサーを取り付け、以下のような睡眠中の様々な生理検査波型データを記録し分析します。

PSG検査の流れ

当院の睡眠障害いびき外来(毎月第2、第4月曜pm17:30~19:30)を受診して頂き、診察の結果PSG検査による診断が必要と判断された場合、以下の様な流れで検査を行います。1泊2日の検査入院(午後7時頃入院、午前7時頃退院)が必要となりますので、検査日を予約して頂きます(月~土曜日まで毎日行っています)。検査入院当日は食事を済ませて、午後7時から8時頃までの間に4階スタッフステーションまで来院して頂きます。(飲酒の習慣がある方は多少の飲酒であれば飲んできて頂いて結構です)入院後、簡単なオリエンテーションの後に入浴、洗面等を済ませ(部屋にはユニットバスがあります)午後9時以降から電極の装着を行います。電極装着後も読書やテレビ観賞は可能ですが、ベッドから降りられませんのでご注意下さい。当日はそのまま就寝して頂き、翌朝6時ごろ電極を全て取り外して検査終了です。ナースセンターに書類やアンケートを提出してお帰り下さい。(朝食はございませんが、部屋の利用は午前9時まで可です)

 


検査費用は3割負担の保険の場合約28,000円(平成28年4月現在)必要です。
後日のお振込みをお願い致します。

※備え付け
テレビ、冷蔵庫

※持参して頂くもの
現在使用しているお薬、印鑑、保険証
洗面用具(歯ブラシ、髭剃り、化粧品)
日用品(フェイスタオル、バスタオル、ボディシャンプー、ティッシュペーパー)
サンダル(スリッパでも可)
紹介状(お持ちの方のみ)

診察・検査のお申し込み・問合せは下記まで
増子記念病院 TEL:052-451-1307 名古屋市中村区竹橋町35-28
病診連携室 TEL:052-451-1305
協力:SL医療グループ 名古屋市中区新栄1-3
亀井内科・呼吸器科 TEL:052-951-2577