Home > 診療のご案内 > 診療科・部門 > 肝臓内科

診療のご案内

診療科・部門

※ 総合診療科を除きすべて予約制となります。


  • 総合診療科/内科・外科
  • 脳神経内科
  • 糖尿病内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科・外科
  • 腎移植科
  • 泌尿器科
  • 肝臓内科
  • 肝臓外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 皮膚・アレルギー科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 整形外科
  • 眼科
  • 小児外科

専門外来

  • 免疫細胞治療
  • 睡眠障害・いびき

肝臓内科の特色

「心のこもった技術」と「安心して治療を受けていただく」をモットーに、患者さんごとに合った最小限の侵襲で最大の効果を目標として、肝疾患治療のチーム医療を行っています。
メンバー間の「和」、「コミュニケーション」、「チームワーク」は最も重要なことであると考え日々治療に携わっています。

肝癌治療は、2007年11月より、ラジオ波焼灼療法中心に経皮的治療を施行しております。
2014年からC型慢性肝炎に対して経口治療も開始しています。

特色

  • 日本肝臓学会認定専門医が肝炎から肝細胞癌までの治療を行っています。
  • 腹水排液は、入院当日の朝外来にて処置後、1日入院していただくクリニカルパス導入しております(1泊2日)。また腹水濾過濃縮再静注法(CART)およびKM-CART(2泊3日)も施行しています(透析患者さんも可能です。他院受診中で施行希望の患者さんは紹介状持参してください。)
  • 緩和ケアの必要な患者さんは、木曜日の午後限定ですが栄養指導・痛みのコントロール外来も行っています。(外来NST)
  • 肝細胞癌に対しては、集学的治療を肝臓外科との連携で施行しています。
  • 内科的には、肝細胞癌に対してラジオ波焼灼療法を中心に、2018年9月からはマイクロ波焼灼療法を開始しました。エタノール注入療法・熱湯注入療法など治療の工夫をし、安全にやさしい治療をしております。
  • 肝臓病サポートチームもあり、年2回の肝臓病教室も開催しています。
  • NST稼働施設および日本静脈経腸栄養学会認定施設であり、嚥下造影検査は内視鏡・放射線使用での評価は、可能です。
  • 大腸カプセル内視鏡は2014年より開始しています。

検査・治療

検査

  • カプセル大腸内視鏡
  • 造影エコー
  • 嚥下造影(videofluoroscopic examination of swallowing:VF)
  • 嚥下内視鏡検査(videoendoscopic examination of swallowing :VE)

治療

  • 肝細胞癌 ラジオ波焼灼療法(RFA) (3泊4日)
  • 腹水排液(腹水濾過濃縮再静注法:KM-CART)(2泊3日)
  • 経皮的エタノール注入療法(PEIT)
  • 食道静脈瘤結紮術
  • 経皮的胆のうドレナージ術
  • PEG交換

ラジオ波焼灼療法(RFA)

当院では、2007年から年間40件前後の治療を行ってきています。ラジオ波の治療の基本は、超音波下で行います。超音波で見えないものは、肝臓外科で、開腹下、腹腔鏡下、胸腔鏡下または、CTガイド下で施行いたします。ラジオ波は、1999年より日本には、本格的に導入され、2004年4月から保険適応となりました。腫瘍の中に電極針を挿入し、電極周囲をラジオ波により誘電加熱し、癌を凝固壊死させる方法です。RFAの針は、当院では、Boston scientific社とMedico Hirata社の製品を使用しています。前者が、展開針の電極針を使用するのに対して、後者は、通常の電極針は、針状であります。当科では、腫瘍の大きさや、部位によって使い分けて治療をしています。


  • Boston scientific社

  • Medico Hirata社
当院での適応
  • 病変が切除不能または患者さんが切除を希望しない
  • 病変が3cm 3個以内または5cm 単発
  • 血小板が5万以上
  • プロトロンビン時間50%以上
  • 総ビリルビン値3.0mg/dl以下

現在は、エコー機種の進歩により、超音波装置上にCTやMRIなどの画像を超音波画像とリアルタイムに同期して表示することのできるフュージョン画像システムを用いて、安全で確実な治療も施行できます。

人工胸水貯留
横隔膜直下にある腫瘍は、肺が肝臓近傍にあるので超音波で腫瘍を描出することが困難な場合があります。当院では、超音波で観察し、肋間から腹腔鏡使用時の針を用いて、胸腔内に生理食塩水を貯留することにより、肺を上方に押しのけ、確実に描出し安全に治療できます。

透析患者さんに対するラジオ波焼灼療法

透析をされている患者さんは、術中および術後にも出血のリスクが高いです。 当院は、腎臓・肝臓の専門病院であるため、入院調整もスムーズにできます。 また、慢性腎不全患者さんで、造影CTを使用できない患者さんに対して、造影エコーで腫瘍を確認し、その後治療が可能です。

腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART)

KM-CARTとは

KM-CARTは、要町病院腹水治療センター長である松崎圭祐先生が考案された、大量の腹水排液にも対応した治療方法です。腹水を全量抜き、全量処置して点滴で戻します。

適応症例について

① 水分・塩分制限、利尿薬などで改善しない難治性腹水 
② 癌性腹水

当院での流れ

外来受診後日程調整し入院治療となります。入院期間は腹水を全量抜いて治療するので2泊3日になります。保険適応であり、2週に1回の施行可能です。

実績

実績件数

検査
項目 2017年 2016年 2015年 2014年
大腸カプセル内視鏡 74件 66件 63件 3件
※2014年より検査開始
治療
項目 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
ラジオ波焼灼療法(RFA) 21件 18件 28件 29件 22件 38件 26件 40件 47件
KM-CART 34件 74件

スタッフ紹介

堀田直樹(ほった なおき) 部長

日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本消化器がん検診学会認定医(肝胆膵・胃)
日本静脈経腸栄養学会認定医・指導医
日本病態栄養学会認定医・指導医
日本カプセル内視鏡学会認定医
ヨーロッパ静脈経腸栄養学会 LLL講師

広瀬昭憲(ひろせ あきのり) 医師(非常勤)

日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会認定専門医

施設認定

  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本内視鏡学会認定施設
  • 日本静脈経腸栄養学会認定施設
  • 日本肝癌研究会認定施設
  • 日本病態栄養学会認定施設
  • 日本病態栄養学会栄養管理・NST実施施設
  • 日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム専門療法士認定教育施設
  • 日本消化器病学会認定関連施設

肝疾患専門医療機関

当院は、平成20年4月1日付けで愛知県より肝疾患専門医療機関に指定されました。 県の指定指針は以下のとおりです。

  • 専門的な知識を持つ医師(日本肝臓学会の専門医。常勤または非常勤は問わない)による診断(活動度及び病期を含む)と治療指針の決定が行なわれること。
  • インターフェロンなど抗ウィルス療法を適切に実施できること。
  • 肝癌の高危険群の同定と早期診断を適切に実施できること。愛知県では平成20年4月から肝炎のインターフェロン治療費助成が始まります。その時に提出するB型・C型肝炎患者医療給付事業申請書の作成は以下の外来日で可能です。月曜(午前・夜間)、火曜(午前)、木曜(午前)、金曜(午前・夜間)、土曜(午前)の外来は予約制ですので一度電話をして予約を取ってからの受診をお願いします。

外来直通 052-451-1541
尚、書類の作成には1〜2週間を要しますのでご了承下さい。

連携医療機関へのメッセージ

  • 腹水排液が必要な患者さんがみえたら、いつでもご紹介ください。
  • カプセル内視鏡検査施行可能です。

診療のご案内

●受付開始時間:朝8:00~、夜16:30~  ●外来予約受付:052-451-1541
診療時間
9:00~12:00 堀田 - - 堀田 広瀬 堀田
17:30~19:30 堀田 - - - 堀田 -